信州最古の醸造蔵  松岡屋醸造場

※無事残っていた過去帳(没年を書くもの)から紐解いた。

1~7代(1534年~1710年)名前は不明ではあるがおそらく襲名していた事が予想される。

8代 小塩安兵衛 (明和9年)1772年11月2日に亡くなる。

9代 小塩安兵衛 (文化13年)1816年8月25日に亡くなる。

松屋火事の責任をとる。当時一等地の本町を離れ天馬町に移転。

10代 小塩喜兵衛 (安政5年)1858年9月27日に亡くなる。享年57

1798年頃誕生し、20歳の頃、1818年(文政元年)伝馬町で「松岡屋醤油店」を開業。


11代 小塩喜平 (明治35年)1902年1月31日に亡くなる。享年67

%e5%b0%8f%e5%a1%a9%e5%96%9c%e5%b9%b3%e3%80%8065%e6%ad%b3


12代 小塩万次郎 (明治元年)1868年11月2日誕生。(昭和21年)1946年2月9日亡くなる。享年78
17歳で養子入り、小塩家を継ぐ。

%e4%b8%87%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%80%802    


13代 小塩禄郎 (明治29年)1897年4月5日誕生。(平成2年)1990年7月6日亡くなる。享年94

11人兄弟の長男。20歳頃と会長の頃。

一升瓶を片手に箱なしで5本持つなど 伝説あり。

老後は草野球など多趣味で活発な人柄。

飯田の文化歴史の伝承に貢献するなど晩年は文化活動に勤しんだ。

img-160210185233-0001%e7%a6%84%e9%83%8e%e3%80%80%e8%89%af%e3%81%84%e5%b9%b4


14代 木下国光(昭和7年)1932年1月1日誕生。2003年12月7日亡くなる。享年72

しょうゆの品評会にて農林水産大臣賞を初め、数々の賞を受賞。ヒット商品「松錦」を開発。
%e6%9c%a8%e4%b8%8b%e3%80%80%e5%9b%bd%e5%85%89125195643153516102366


15代 木下 拓(現在社長)

(昭和34)1959年7月8日誕生。

現在の代表取締役(社長)。

地元の原料のみを使用した「地大豆醤油」、「地大豆柚子醤油」などを開発。

%e6%8b%93%e3%80%80480%e3%81%ae330

 


後継者 木下 祥平 

(昭和62年)1987年11月10日誕生。

20歳で帰郷し松岡屋に就職。

HP、ネット通販を開設。長野県最速、抗酸化(密封)ボトル商品を開発。

%e7%a5%a5%e5%b9%b3%e3%80%80480%e3%81%ae330